2014年07月01日

Alba Meidiland

IMG_3145.jpg

バラの季節を振り返って。

IMG_3146.jpg

剪定しそびれて、伸び放題。
壁面の針金も切れてしまった。

IMG_3148.jpg  IMG_3147.jpg

どこまでも伸びる、伸びる。

IMG_3140.jpg

今年はなぜか、陽が当たらないほうの枝が良く咲いた。

とにかく切らなきゃ、と

この後、慌てて切りました。
posted by MAKI at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

Siren's Keep 続き

096.jpg

あのまま放って置くのもあんまりなので、
カットして家の中に。

106.jpg

なにしろ、10cmちかい大輪で花びらもたっぷりのお花は久しぶりなので、
テンションが上がります。

110.jpg

カップ咲きってやっぱりいいなぁ。
最近ティーローズとか、
あまり大きくない花、重ねの軽いものに気持ちが行ってたんですけれど、
これを見るとやっぱりイングリッシュローズも欲しいかなぁ、なんて。

ええ、気が多いとは子供のころから親に言われてました。

119.jpg

香りは甘くないオールドローズの香り。
鼻を近づけなくても、そばを通れば香ります。
かなり妖艶な花なんですが、
このどこかきりっとした香りのおかげで、
“ベタ”にならないところが良いのではと思っています。
posted by MAKI at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Siren's Keep

018.jpg

咲きましたぁ。
たった2個ですけれど。

019.jpg

秋の花は想像以上に良かった。

042.jpg

とはいえ、樹は相変わらずひょろひょろなので、こんな位置です。

043.jpg

もう一個も地面すれすれ。

無理やり全体像を収めようとするとこんなかんんじ。

044.jpg

やじろべえ的な(汗)

036.jpg

まあ、咲かせると死ぬということもなかろうと。
慌てて大きくしなけりゃならない理由もないので、
のんびりお花を楽しみながらでまあいいか、
ということにしています。

posted by MAKI at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

Siren's Keep

035.jpg

Siren's Keep
Bred by Paul Barden, 2003

もうひとつのチビ苗ちゃん。

003.jpg

ちょっと花びらが少なめなのかな?
ゆったりと咲き始め。

Sirenはギリシャ神話に出てくる海の魔物。
美女の姿をして美しい歌声で船乗りを惑わし船を難破させるという。
Keepは名詞だと中世の城の塔、または牢獄の意味も。
元ネタはわからないんですけれど、
Siren's Keepってゲームにも出てくるみたいだから、
サイレンのダンジョン?

031.jpg

ひょろひょろなんです。
しなだれる細枝に大輪なので、支柱を立てました。

005.jpg

葉っぱは丸っこくて大きめ。

015.jpg

トゲあり。
香りはバラの香り、オールドローズ香?
Sénégalと比べると、甘さ控えめできりっとした香り。

030.jpg

アジサイと。

036.jpg

3輪の房咲き、側蕾も開いて。
トップの写真は退色した花と咲きたての色。
枝の途中に出てた蕾は取ったんですけど、
花つきは多そう。
180cmぐらいにはなるそうなので、誘引しても良いとのこと。
ていうか、この細枝のままなら誘引したほうがいいでしょうね。


posted by MAKI at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

ながめせしまに

027.jpg

Alba Meidiland

夜温が低かったせいなのか。
Alba Meidilandがこんなにピンクになることはあまり無いんですけどね。

030.jpg

いつもはゴールデンウィークにコタツを仕舞うんですが、
今年はやっと今日です。

031.jpg

もう、5月も終わろうとしている。


Francine Austinがようやく。

002.jpg

003.jpg

おまけ

001.jpg

3年目でやっと咲いた二人静。
posted by MAKI at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

ひとり反省会

006.jpg
(Before:左半分)


とりあえずAlba Meidilandの誘引だけ終わった。

去年は花後全く手入れをしていなかったのでそりゃあもう大変なことに。
せっかく伸びたシュートが庇の下でとぐろを巻いてたり、
細枝は全部こんがらがって何がなにやら。

015.jpg

今年は根塊が大量に発生。
害は無いとはいうものの、
やっぱり見たくないので全部切り取った。

005.jpg
(After:右半分)

結果かなりのダウンサイジング。

その後はまた大量の剪定枝を切り刻む作業。
この切り刻み作業は、草むしりと同じくらい私の庭仕事に占める割合が大きい。
でも、今回ばかりはひとり反省会と化しました。

うわっ、この枝残してあるのより全然良いじゃん、
もう、このとぐろ、ものすごく太いシュートだし、
私が怠けたせいでバラのエネルギー無駄遣いしちゃったなぁ。

結構、根塊の枝から良い枝が出てたんですよ。

これって、ここから根っこを出して引越ししたいとか、
生命の危険を感じているから、なんとか子孫を残したいとか、
そういう気持ちの表れなのかなぁ、
やっぱり、良い子ほどストレス抱えてるって言うしねぇ、

なんて。

007.jpg

たくさん咲くけれど、ヒップはたった1個だけ。

そのうち土手上に引越しさせようかな。
posted by MAKI at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

Alba Meidiland

012.jpg

梅雨入りはまだみたいだけど、雨が降り続いています。
この雨で終わってしまったバラも多く、
寂しくなってきた庭で一番輝いているにはAlba Meidiland。

011.jpg


Shrub, Marie-Louise (Louisette) Meilland (France, 1986)

グランドカバーローズ、修景バラですね。
虫には食われますけど、病気にはなりません。
3mぐらいは伸びてます。香りは私には感じない。

008.jpg

大房咲きです♪
一応HMFではShade tolerant。時々返り咲きます。

013.jpg

細枝性。ごついシュートは出ません。
シュートは少し立ち上がって倒れこみます。
全然自立できません。なので、誘引は簡単。
棘はありますが、そんなに酷くはありません。

0021.jpg

もう気がつきました?

実は、
調子に乗って誘引してたら、窓全部塞いじゃったんです。
西日避けにはなっていますが、
土手のバラが全然見えません。

016.jpg

西向きの壁。
この右側の北向きの壁のほうはまだこれからですね。
やはり、全然日が当たらないので、遅いし、少なめです。
posted by MAKI at 17:13| Comment(6) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

Vineyard Song

018.jpg

Bred by Ralph S. Moore (United States, 1999)

このバラもMannington Mauve Ramblerと似た色目ではありますが、
もう少しお花が小さくて真ん丸い形。3cmぐらいかな。

035.jpg

今年は見違えるように立派になって、
こんなに葉っぱが茂るバラだったかな?と思うくらい。

019.jpg

わりと直立にシュートは伸びますが、軽く曲げておくと後は花と葉っぱの重みで枝垂れてくるようです。
全体としてはこんもりというか、がっしりというか。
樹高は90cmから120cmということです。
今、90cmぐらいあるかな?

005.jpg

まさに名前どおり。葡萄の房のように咲きます。
もりもりとか、ボコボコとかって言うのがふさわしい咲き方。
返り咲きも良いですよ。

007.jpg

香りもあるんですが、なんて言ったらいいのかわからない。
バラっぽくない匂いです。
ワインの香りとも違うと思うけれど....

008.jpg

integrifolia Alionushkaがすき間から飛び出して咲いています。
この二つは色がぴったりです。
posted by MAKI at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

薔薇も終わり....

6-10 005.jpg

バラが終わって、静かーな庭。

6-10 011.jpg

さすがのIndigoも、もう僅か。
2番花の蕾を上げてきているのもいるけれど、
どうかなぁ。
とにかく、乾燥している。赤土の庭はひび割れだらけ。

6-10 042.jpg

満開のきれいな時に写真を撮りそびれた Alba Meidiland。
劣悪な環境にもめげず、良く伸びてよく咲く。
(網戸越しですいません)

6-10 044.jpg

窓周りにバラをっていいもんだなぁ。
香りは無いのだけれど....

6-10 046.jpg

枝がとっても細くって、葉っぱも小さくて。
どんな風にも誘引できそうです。
こういう枝振りで返り咲くのは貴重かもしれませんね。
俗に言うナチュラルな雰囲気。
時間が経つごとに好きになってきました。

005.jpg

もう3mぐらいにはなってるかなぁ。
でも、主幹も太くなりません。

最近、なんだか軽いバラが好きになってきました。
posted by MAKI at 10:49| Comment(4) | TrackBack(0) | Shrub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。