2010年03月01日

紀州雲竜さんについて考える

2-28 015.jpg

わざわざ記事カテゴリーを作ったわりには、椿方面にはあまり発展が無いのですが、久々に登場の紀州雲竜さんです。

2-28 024.jpg

花はご覧の通りいたって普通ですが、この枝の美しさ!

2-28 026.jpg

アートです。
これはなかなか優れた園芸素材なのではないでしょうか。

2-28 020.jpg

上から見るとこんなかんじ。
成長は普通の椿に比べると遅め。でも、地植えにすれば10年で2.5mぐらいになるそうです。
初めは庭植えにと思ってましたけど、鉢植えで育てることにしました。

そこで問題が。

実は、横から見ると結構間延びした形になんですよ。

2-28 018.jpg

ほらね。

どこをどう切ろうか。
これからどういう形にもっていきたいのか、
分からなくなってきちゃった。
腰高鉢に斜めに植えて、鉢の縁より下で咲かせるか。
もっと上向きに伸ばすか。

盆栽という育て方は難しそうなので、
あくまでもコンパクトな鉢植えで行きたいのですが、
ただ植木鉢で植物を育てる、
それだけじゃいけない気がしてしまう。

でも、
審美眼とか無かったよなぁ、そういえば。

バラならざくざく切れますが、
この枝に鋏を入れるのは、気持ち的に難しい。
まだ小さいし、花は可憐なんだけど、
やっぱり、龍なんですねぇ。


posted by MAKI at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Camellia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

最後の一本

IMG_2223dr.jpg

随分遅れて咲いた、Dr. Clifford Parks です。
まだ木が小さいので本来の花型ではないようですが、笑っちゃうくらい大きい花です。人間で言うと2頭身ってかんじ。

IMG_2220camelia.jpg

こちらの日本種も摘蕾してないのに花が大きいです。椿の大輪と言うのは本当に大きいので気をつけて買わないといけないなと思いました。

小さいのはこちら

IMG_2111v1.jpg

在庫一掃で裏土手に植えつけたビオラたち

IMG_2121v2.jpg

まるで幼稚園です。

IMG_2119v3.jpg

ヒソヒソ話?
posted by MAKI at 22:33| Comment(4) | TrackBack(0) | Camellia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

私の椿

庭には1本あったのですが、この冬自分で初めて買いました。
まだ3,4号鉢のおちびちゃんたち、でも咲いてくれました。

IMG_1856okure.jpg

まずはこれ、大紅。

IMG_1942tukinowa.jpg

そして月の輪

IMG_1859pair.jpg

二つ並んで。

バラだと赤ってなかなか買えないのですが、椿だとやはり赤からと思ってしまう。これがお正月に咲いてくれればおめでたい感じでいいのにね。

IMG_1938ES1.jpg

とても楽しみにしていたElegans Splendor
上の二つに比べると少し小さめな花です。
この開きかけの姿があまりにもきれいで驚きました。
今日はこの後、雨がひどかったので、どうなったのか心配で....
朝まで待てずに、家の中に持ち込んで写真撮っちゃいました。

IMG_1951ES.jpg

買った苗についていた蕾の花なのですが、初心者にはかなり難しい品種らしいです。これが最初で最後かも。
posted by MAKI at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Camellia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

紅龍もう一匹

と、いってもドラゴンフルーツでは無く
今度は椿。

IMG_1184.jpg

紀州雲竜さんです。

IMG_1185.jpg

何にもしなくてもこんなふうに枝がくねくね

IMG_1186.jpg

そのうちいつか空へ向かって飛んでいきそうです。
花は濃赤色、一重筒咲き、中輪だそうです。
新潟 椿華園様より

IMG_1189.jpg

Furfugium japonicum
posted by MAKI at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Camellia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。