2013年05月24日

Darlow's Enigma

IMG_2623.jpg

丈夫だとわかっていると、つい扱いが雑になっちゃって。

IMG_2613.jpg

去年は軒下において、雨樋にくくりつけていたという...

IMG_2621.jpg

日当たりも悪く、水やりも適当でしたが、無問題。

IMG_2622.jpg

相当丈夫です。
細い枝に細めの葉っぱが涼しげ。
まあるく玉のように集まって咲きます。

ただ、トゲは鋭いです。
扱う部分は切ってますが、葉裏にも痛いのがついてます。

全体像

IMG_2616.jpg

ひょろひょろっとね。
画面の外にも伸びています。
香りは言われているほど強くないような。
クンクンするとわかる程度。
良い時間帯に巡り合って無いのかも。
posted by MAKI at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jeri Jennings

IMG_2604.jpg

Jeriちゃんのその後。

IMG_2609.jpg

IMG_2605.jpg

ふんわりと

IMG_2606.jpg

IMG_2607.jpg

Graham Thomasよりは花持ちが良いようです。

全体図

IMG_2610.jpg

枝枯れとかも特に無く、順調な様子です。
posted by MAKI at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

Sunshine in the rain

IMG_2575.jpg

Jeri Jennings

雨の中で咲き始めました。

IMG_2573.jpg

最初の1個は開くのに時間がかかって、白く咲いてしまいましたが、
後からのはちゃんと黄色に。

IMG_2584.jpg

Graham Thomasと大きさの比較。
アップで撮ると似ているんですけどね。

可愛いつながりで、

IMG_2579.jpg

Francine Austin

もうだめかと思ったけれど、なんとか咲いてくれました。
どうも今ひとつ調子が上がらないんですよ。
でも、やっぱりこの可愛さは、代え難いものがありますから。
粘ってみようと思っています。

posted by MAKI at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

可愛い子

013.jpg

Jeri Jennings

寒くなった庭に小さなぬくもり。

014.jpg

015.jpg

ほんわかな色。
6pぐらいかな?
ほんの少し大きめです。

016.jpg

たったひとつですけどね。
春にはバァ〜っと咲き乱れて欲しいけれど、
秋のバラはぽつんとでもいいと思う。
なぜか1輪を愛でるっていう気分になります。

017.jpg

小さいのに何度も咲いてくれて、
本当に、可愛い子です。
posted by MAKI at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

Darlow's Enigma

015.jpg

Discovered by Mike Darlow, 1993

Mike Darlowさんによって発見された、つまりファウンドローズですね。
ロサ・モスカータの子孫らしいということ。
名前はダーロウさんの謎という意味。

023.jpg

細めの葉っぱは好みです。

022.jpg

トゲは密ではありませんが、鋭いですね。
気をつけないと....

017.jpg

香りが強いので有名らしいのですが、中には全然香らないと言う意見も。
私もまだその香りに出会えていません。
樹が幼いせいか、環境、肥料?

開く前にカットして、部屋の中で開かせるといいというコメントもあったので、
香りが飛びやすいのかな?
それとも、大きく育ってたくさん咲いて、
×個数で強香になるのかも。
まだまだ、香りは先の楽しみってことでしょうか。

欠点があるとすればチュウレンジバチに大人気というぐらい。

おまけ

014.jpg

アガパンサスの蕾。


posted by MAKI at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

Two colours

001.jpg

Jeri Jennings 2個目。

咲き始めの鮮やかな山吹色は、次の日にはあっさり退色してしまいます。
たぶん大きくなって、たくさん咲いてもそんなに派手な感じにはならないんじゃないかな。

003.jpg

最初の花。
小さいけれど整った形ですね。
優しい色、これも素敵です。

004.jpg

今日咲いた花。
最初の花よりは少し小さめかな?

でも、もうこれでおしまい。
心を鬼にして、花も蕾も全部取りました。

後は黄色の本家にお任せ。



posted by MAKI at 22:34| Comment(4) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

Hello, Jeri!

008.jpg

Jeri Jennings
Hybrid Musk
Bred by Paul Barden, 2003

初めてのお花は雨の中で。
去年の12月に届いたチビ苗の一人。

007.jpg

グラハム・トーマスかというような鮮やかな山吹色。
香りも強いということでしたが、このお花はあまり香りませんでした。
今、風邪を引いてい鼻がぐずぐずしてるので、
匂いを確かめるには向かないタイミングなのですが。
樹高120cmから150cmぐらい、繰り返し咲きだそうです。

葉っぱはこんな感じ。

013.jpg

以前オールドローズの品種についてググっていた時に、
作出者のPaul Bardenさんのサイトにたどり着いて、とってもおしゃれなサイトだったので管理人さんは何をなさってる方なんだろうと思っていたんです。
バラの育種もされてるようでしたが、プロのブリーダーさんだったんですね。
一季咲きのガリカローズなんかも作ってらっしゃったり、ユニークなブリーダーさんみたいです。

他のバラを探してたどり着いたオンラインショップで、
偶然彼のバラを見つけて、これともうひとつ買ってみました。

うしろ姿

001.jpg

Jeri Jenningsさんはカリフォルニアにお住まいのとても熱心なバラ愛好家だそうです。
HelpMeFindGardenWebなんかでもお名前お見かけします。
彼のお友達なんでしょうね。

お花の大きさは5cmぐらいかな?

023.jpg

まだ樹は40cm弱ですから、これからですね。
ちょっと黒点が出てますが、花つきは良さそうです。
新しく出た枝にも蕾がもう着いています。

016.jpg




posted by MAKI at 00:14| Comment(5) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

秋の主役

045pro1.jpg

Prosperityです。

059pro2.jpg

まったく有難みが無い位、よく咲きます。

009pro3.jpg

今年は春がイマイチだったせいか、秋の花がよく見えます。
枝があっちこっちに伸びちゃって、もう早く剪定&誘引をしたくってうずうずしてるんです。
なにしろ玄関の真ん前なので、毎日ここを切って、この枝をあっちになんて、立ち止まって考えずにはいられない。

011pro4.jpg

でもなかなか眠ってくれないんだろうなぁ。
posted by MAKI at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

秋になると

IMG_3432pro1.jpg

Prosperityを引っこ抜こうと、何度思ったことか。
しかし、ウチで一番の古株は、今もここにこうして咲いています。

バラを入れ替えるのはどうしたって冬だから、
いつも秋に気が変わってしまう。
秋のProsperityが、とてもいいから。

葉っぱもまばら、枝は伸び放題。
お花はあっちに一房、こっちに一房ってなかんじ。

最近気づいたんですけど、遠くから見るとなんだか雑木っぽい。
こういうのナチュラルっていうのかな。

春の豪華な一斉咲きも見所なんだけど、
秋のこの質素な風情が何だか好き。

玄関前付近は色々引っこ抜いて、やり変えようと思っているけれど、
プロスペは残しとく。

トゲはきつい、枝は硬い、でも丈夫。
病気にならないタイプではなくて、なるけど平気というタイプ。
毎年春にはうどんこが出ますけど、今年は初めて出ませんでした。
黒点はなってもそんなに広がらない。
丸坊主になっても必ず復活します。

シュートの先は房咲きです。

IMG_3437pro2.jpg

私みたいなずぼらな人でも大丈夫。(今年はほとんど何も撒いてません)
醜い葉っぱが耐えられない方はお薬撒いてください。

咲いたばかりのきれいなお花がなかったので、
マンネリですけど、Sastago嬢と、Cymbelineを。

IMG_3440sastago.jpg

IMG_3444cym.jpg
posted by MAKI at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

Prosperity ご機嫌斜め

IMG_2678pro1.jpg

毎年恒例となっていたうどんこが、今年は全く出ず、めちゃくちゃ期待していたのですが....どうももうひとつ。肥料が足りなかったかなぁ

IMG_2688pro2.jpg

蕾がつき始めた頃、いきなり暑くなって乾燥しちゃった?
おまけに今年は、ゾウムシをはじめ、虫がひどい。

IMG_2690pro3.jpg

ウチでは一番の古株だけに、遠慮なくふてくされている。

IMG_2692pro4.jpg

そうです。私がいけませんでした。お世話をサボりました。
ゴメンナサイ。ゴメンナサイ。ゴメンナサイ。
posted by MAKI at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

Buff Yellow

IMG_2492bb1.jpg

Buff Beautyも咲き始めました。
夏場はアプリコットから白になっちゃいますが、春の一番花はこっくりと

IMG_2492bb1.jpg

オレンジがかった黄色

IMG_2534bb3.jpg

少し柔らかな色になって

IMG_2530bb4.jpg

退色した色も素敵
でもバフイエローってどんな色?

IMG_2526mmsec.jpg

Mary、2個目♪

IMG_2527cymgrace.jpg

どこまでも上品なCymbeline
posted by MAKI at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

黄昏のProsperity

IMG_0918.jpg

彼女は何を思っているのでしょう?
ここから見る夕暮れももこれが見納めと、ここでの日々を思い返しているのでしょうか?

掘り上げが決まり、次この場所に植えられるバラの苗がそばに置かれています。最後にと精一杯の房咲きで

IMG_0927.jpg

IMG_0925.jpg

IMG_0920.jpg

こんなに蕾にピンクが乗っているのも初めてかもしれません。

やはり...無理だとわかりました。
ちょっと狭苦しくなるけれど、Madame Plantierには他の場所に行って頂きましょう。
そしてこれからも、もっと美しく咲けるように二人で工夫していきましょう。

IMG_0928.jpg

辛い想いさせてごめんね、プロスペちゃん。
posted by MAKI at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

おしとやかな?バフちゃん

IMG_0774.jpg
だれがこれを
IMG_0775.jpg
バフだと
IMG_0777.jpg
思うでしょうか。
針金がちょっと邪魔でしたね。

他の枝では賑々しく咲いているのですが。

IMG_0781.jpg

IMG_0782.jpg
posted by MAKI at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

Buff Beauty 久々

IMG_0759.jpg

久々にバフちゃんが咲きました。夏仕様というか色といい形といいこんなでしたっけ?

IMG_0762.jpg

反対側から

IMG_0766.jpg

もうすぐ咲きそうな蕾も

IMG_0767.jpg

上から見ると真ん中は濃いアプリコット

ちなみに春の1番花はこんなでした。

IMG_buf0272.jpg

四季折々、それがバラのいいところ。
posted by MAKI at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

Prosperity

それはまだアパート住まいの頃、一本だけバラを買ってみることにしたのです。
置き場所は北側の階段の踊り場。なので日陰に強いと本に書いてあったフェリシテ・エ・ペルペチュを注文。(無謀っ)
冬に届いたバラは行灯仕立てで、小さな花が一個だけついていました。一季咲きなのに?きっとバラがご挨拶のつもりで特別に咲いてくれたのだわ、と大事にカットして一輪挿しに。そう、私はまったく無知でした。

あれから3年。樹高1.5m弱、ほぼ一年中咲き、春はうどんこまみれ。フェリシテであるわけがないっ!!
先輩方に写真を見せてご意見を伺ったところ、プロスペリティーと判明。しかしある意味ラッキーだったなと。これがほんとにフェリシテであったなら、この場所には到底収まりきれない。もてあましてバラ栽培もそこで終わっていたかも…

じゃ、春の花を。
IMG_0343.jpgIMG_0339.jpgIMG_0338.jpg

とにかく花付きは最高!!

これは去年の秋のお気に入り写真

IMG_0088.jpg

で今はこんなカンジ。

IMG_0495_edited.jpg

塀から乗りだして。お花は小さいけど2,3房いつも咲いている。
花がらが茶色く残って、きれいに散ってくれないところが難点。でもこれだけ咲いてくれたら許すわ。ありがとうプロスペちゃん!!


posted by MAKI at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Hybrid Musk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。