2012年05月22日

White

024.jpg

Secret Garden Noisette

冬に切り詰めて、支柱も外したので、
思いっきり行儀悪くなってます。
横張りです。はい。

025.jpg

ふわふわと、この線の細さが好き。

028.jpg

とても繊細な花容。
香りの強さで有名ですし、
実際届いたときの花には、指に付いてなかなか取れない香りがあったのですが、
ウチで咲いた花はあまり香らないんですよねぇ。なぜだろう?

013.jpg

Alba Meidiland、始まりました。
もう終盤ですね。
いつもこのバラがシーズンの最後ですが、
今年はあとふたつ、
チビ苗の中で、初めての蕾を待ってるのがあるんです。
もう少し、薔薇のシーズンは続きます。
posted by MAKI at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Noisette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

Secret Garden Noisette

016.jpg

降っても、

018.jpg

晴れても、

041.jpg

ただ純白に、

042.jpg

咲くのかと思ったら、

043.jpg

散り際はけっこうピンクになっちゃうんです。
夜の気温が上がらないからかな。

この子が苗で届いたとき、指についたあの香りはどうしちゃったんだろう。
届いたときには確かに香りがあったのに、
ウチで咲かせたら香らない、っていうのけっこうある気がします。
何が足らないんでしょうねぇ......
posted by MAKI at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Noisette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

Secret Garden Noisette

006.jpg

気温が高い時には純白のままでしたが、
秋花は咲き進むとピンクが出てくるようです。
桜みたいでかわいいなって思いました。

008.jpg

Niphetosがもう1個。
今度はきれいに咲けるかな?
posted by MAKI at 03:01| Comment(2) | TrackBack(0) | Noisette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

あらぁ?

001.jpg

まさかっ!

006.jpg

Celine Forestier が咲いてました。

009.jpg

そんなに大きくは無いけれどふわふわのポンポン咲き。
このやさしい卵色が好き。

ダンナが草刈りをしてくれたので、今は近くまで行けるのです。

010.jpg

ピンクの蕾を従えて。
季節によって全く違う顔をみせますが、
こんな花が一番好き。

場所が場所だけに何も世話してないんだけれど、
ゆっくりゆっくり大きくなっているようです。
日当たりもあまり良くない場所ですが、
毎年着実に花数を増やしているよう。

マンサクの樹に枝をもぐり込ませてあるので、どれくらい伸びたか正確にはわからない。
2mまで届いたかなぁ。

002.jpg

integrifolia Alionushka 
切り戻してもまたすぐ咲くんです。

015.jpg

長くなりすぎたシュートの先に咲いたHarlow Carr
樹姿は見られたものではありませんが、がんばってくれています。

Harlow Carr、Sister Elizabeth、Vineyard Song、Alionushka。
ここの一列は、居間やお風呂場の窓から良く見える所。
土手上はまた雑草に覆われてきましたが、
この場所で、ピンクが完全に途切れることは無くなりました。
ぽつりぽつりでも、色があるってうれしいです。

posted by MAKI at 03:51| Comment(4) | TrackBack(0) | Noisette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

一寸の虫にも五分の知恵?

010.jpg

裏土手の端っこ。
台所の窓から見えはするけれど、
雑草に阻まれて普段行くことは無い木陰にひっそりと生きている
Celine Forestier。

今年は初冬にヘレボの世話のついでに肥料をあげたっきり、
何もしてあげてなかったのだけれど、
今までで一番蕾がついた。
そろそろ、樹も一人前になってきたかと喜んでいた。

086.jpg

4つほど開いて、ウキウキと見に行ってみると、

088.jpg

食われている。

089.jpg

家から見えないほうの半分だけ見事に。

4つのうち無事だったのはひとつだけ。
虫は、見られているのがわかっているのか?
気配を察知して、わからぬように半分だけ食べるなんて、
虫とはそこまで狡猾なものなのか?
虫の脳なんて、何mgかのものだろうに....

唖然。




posted by MAKI at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | Noisette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

美人薄命

8-26 013.jpg

Madame Renahy、枯れました。
「断末魔の時も蕾を付ける」
この間の花がお別れのあいさつだったようです。
ほんとにあっという間に枝の枯れこみが根元にまで進み、もう切りようもありませんでした。合掌。

上の写真は、画像処理を施してないピンボケのCeline Forestier。
藪の中でひっそりと咲いていました。
日当たりはあまり良くないところですが、少しずつ大きくなって気が向くと咲いてくれます。

8-26 009.jpg

同じく雑草の中で満開のintegrifolia Alionushka

8-26 001.jpg

あの“コロコロのギザギザ”にもう会えないのはとても悲しい。
また買うか?でもまた枯らしてしまいそう。
やっぱり私には、殺しても死なないような丈夫なバラじゃないとだめかなぁ。

posted by MAKI at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | Noisette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

Blush Noisette騒動 その後

6-15 002.jpg

虫だらけ→散髪後、
噴霧器が壊れかけていたので、慌てて新しいのを買い、
ついでに「ローズディフェンス」というお薬も買った。

今度の噴霧器は蓄圧式。
前のは電池式の4Lでしたが、単一4個いれるのでそれだけで結構重かった。
今度のは5L。ハンドスプレーの加圧式は使ったことがあったのですが、こんな大きいのにちゃんと圧がかかるのかと半信半疑ながら....

ポンプを押せども押せども圧力計の目盛りが上がらず。
ポンプはどんどん重く押しにくくなるのに壊れてるんじゃ?と思っていると、やっと少し目盛りに動きが!
加圧し終わるとプシューっと安全弁が上がるのですが、それに至るまでには汗びっしょり。良い運動になりました。

噴霧はバラの為ならず。胸とか背中とかの筋肉にも良さそうです。
意外とパワーもあり、電動の時より少ない液で散布できるような気がしました。
庭中にふりまくって、か・い・か・ん(薬師丸ひろ子風に)
それが金曜日。

お薬が効いたのか、Blush Noisetteの虫はいなくなって、
ちゃんと咲いてます。シミとかも出てないですね。
枝をずいぶん間引いたので、蕾が全部きれいに咲くようになったみたいです。
花も人間も腹八分目ということか。

6-15 001.jpg

買ってしまった以上、後には引けないので、
当分、この蓄圧式ダイエット運動を2週間に1回の目標でやって行こうと思っています。
今日はね。







posted by MAKI at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Noisette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

Celine Forestier 発見

発見するような場所に植えるな、という気もしますが、

5-9 021.jpg

一個咲いてました。

5-9 019.jpg

今までで一番大きくて黄色いです。
マンサクの枝に顎を乗せて、横着な咲き方をしていますが、
分不相応に大きいので、重たかったのでしょうね。
大化けはしなさそうですが、ちょっと成長です。
しかし、どんなに成育が悪くても、このまま育て続けます。自分でもよくこんなところに植えたと思う場所なので、引っこ抜く気にもなりません。
大きくはなっているので、たぶんそのうちやってくれると思います。
もう一個蕾が開きかけていますが、藪の中なので写真が撮れなさそうです。

裏土手は雑草が膝上まで伸びており、バラの所まで辿り着くのも一苦労。まずは道だけでも確保しなければ!

5-9 020.jpg

Celineの株元にはいつもこれが出てきます。
コンフリーかな?葉っぱが大きくてとても邪魔ですが、根絶不可能なようです。

もう、昨日今日と蚊にかまれ、家にムカデもやってきました。
危機意識を持って庭に出なければいけない季節です。
posted by MAKI at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | Noisette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。